LiSA「炎(ほむら)」歌詞の意味解釈してみた!悲しみを抱えながらも強く前へ進んでいこう。

アニメ「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」で大ヒットしたLiSAさん。

2020/10/16公開の同アニメ映画「無限列車編」も主題歌「炎(ほむら)」を切なく力強く歌い上げています。

今回はそんな「炎(ほむら)」の歌詞解釈をしてみました!

スポンサーリンク

曲のタイトルは「炎」とかいて「ほむら」

一体「ほむら」にはどういう意味があるのでしょうか?

ほのお。火炎。心の中に起こる、燃え立つような激しい感情をたとえていうこともある。

weblio古語辞典

鬼滅の刃といえば、家族を鬼に殺され、妹を鬼にされた主人公・炭治郎が仲間とともに鬼を殲滅していくというストーリーでおなじみ。

単なる「炎(ほのお)」ではなく、心の中の激しい思いや感情について歌われていると考えられます。

スポンサーリンク

「炎(ほむら)」の意味解釈!予告編から読み解いてみた!

映画の予告編を見てみると、今回の映画のキーワードは「夢」。

主人公・炭治郎は、当たり前にあった日常が一変し、家族を失った深い悲しみを抱いていますよね。

物語の中で、鬼に襲われ死んだはずの家族が登場していますが

きっとこれは夢の中であることが推測されます。

その夢の中にすがっていたいが、それでは未来に進めない。

大切な人の願いのために、自分は思い出に別れを告げ、痛みとともに現実世界で生きていく。

この曲は、そんな炭治郎の強い思いに寄り添った歌詞になっています。

悲しみを抱えても、心に炎をともして前に進んでいこうという強いメッセージが込められているようですね。

このように「炎(ほむら)」は現代社会を生きる私達にも心に響くような曲になっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク
トレンド 音楽
あいもとぶろぐ。
タイトルとURLをコピーしました